Painter

Akira
YAMAGUCHI

SCROLL
1969年 東京都生まれ、群馬県桐生市に育つ。
 
1996年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。
 
日本の伝統的絵画の様式を用い、油絵という技法を使って描かれる作風が特徴。都市鳥瞰図・合戦図などの絵画のみならず立体、漫画、インスタレーションなど表現方法は多岐にわたる。
1997年「こたつ派」(ミヅマアートギャラリー、東京)にてデビュー。主な個展に、2007年「山口晃展 今度は武者絵だ!」(練馬区立美術館/東京)、2008年「さて、大山崎-山口晃展」(アサヒビール大山崎山荘美術館、京都)、2013年「山口晃展 画業ほぼ総覧―お絵描きから現在まで」(群馬県立館林美術館、群馬)、2015年「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城)、2016年「馬鑑 山口晃展」(馬の博物館、神奈川)、2021年「山口晃 –ちこちこ小間ごと–」(ZENBI-鍵善良房-KAGIZEN ART MUSEUM、京都)などがある。平等院 養林庵書院(京都府)襖絵奉納「當卋早来迎、賽の河原、白道」、清安寺(岐阜県)天井画「五竜圖」なども。
2013年『ヘンな日本美術史』(祥伝社)にて第12回小林秀雄賞受賞。他著作多数。
 
なお、平等院 養林庵書院襖絵を新潟県立近代美術館にて展示(4月23日〜6月5日)。
 
 
photo / Mie Morimoto