Composer

Keiichiro
SHIBUYA

SCROLL
東京藝術大学作曲科卒業、2002年に音楽レーベル ATAKを設立。
作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ 、オペラ、映画音楽 、サウンド・インスタレーションまで多岐にわたる。
 
2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作品はパリ・シャトレ座公演を皮切りに世界中で公演が行なわれている。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表、日本、ヨーロッパ、UAEで公演を行なう。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア)で仏教音楽・声明とエレクトロ二クスによる作品『Heavy Requiem』を披露。
 
2020年9月には草彅剛主演映画『ミッドナイトスワン』の音楽を担当。本作で第75回毎日映画コンクール音楽賞、第30回日本映画批評家大賞、映画音楽賞をダブル受賞。
 
2021年8月、東京・新国立劇場にて新作オペラ作品『Super Angels スーパーエンジェル』を世界初演。2022年3月にはドバイ万博にてアンドロイドと仏教音楽・声明、UAE現地のオーケストラのコラボレーションによる新作アンドロイド・オペラ®︎『MIRROR』を発表。人間とテクノロジー、生と死の境界領域を作品を通して問いかけている。
 
2022年4月、映画「xxxHOLiC」(蜷川実花監督)の音楽を担当。サウンドアーティストevala、仏教音楽家の藤原栄善とのコラボレーションを含む全二十一曲のサウンドトラックを収録した最新電子音楽アルバム『ATAK025 xxxHOLiC』を発表。2022年より大阪芸術大学客員教授。
 
 
photo/ Mie Morimoto