Curator,
Toyota Municipal Museum of Art

Toshiharu
SUZUKI

SCROLL
勤務館での近年の企画として「奈良美智 for better or worse」(2017年)、「開館25周年記念コレクション展 光について/光をともして」(2020年)、「ボイス+パレルモ」(埼玉県立近代美術館、国立国際美術館と共同企画、2021-22年)。
 
ゲルハルト・リヒターについての論考に「バランスをとること──ゲルハルト・リヒターとブリンキー・パレルモのミュンヘンオリンピックのスタジアムへの提案をめぐって」中尾拓哉編『スポーツ/アート』(森話社、2020年)。